読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孫悟空、虫の息!!(其之二百三十五)

体の骨を砕かれる悟空。

 

闘いのシーンで受けたダメージの中ではこれが頂点でした。

 

思えば悟空たちが心躍らせながら戦場へ赴けるのも仙豆やデンデなど快復の手段があるからこそですよね。

 

リアルな話体に障害が残ったりすると、とても闘いを続けてはいけません。

 

戦場に駆け付けたクリリンと悟飯。

 

クリリンが年長として頼もしいところを見せます。

 

しかしクリリンの思惑はベジータに見透かされてしまいます。

 

その窮地を救ったのはヤジロベー。

 

役立たずかと思われたキャラクターを活躍させるのが相変わらずうまいですね・・・。

 

ヤジロベーの戦闘力を思ったより高めに設定したのもクリリンが踏み込めずにいるベジータの間合いに侵入してしっぽを切るという離れ業をやってのけたからです。