セル対孫悟空!!(其之三百九十七)

いよいよ悟空の出番です。

 

血ダラダラで的外れな解説をしているサタンが面白いですよね^^

 

昔の天下一武道会の時点で一般人は試合についていけないと言われていましたが、場所移動なしのラッシュはかろうじて捉えられるのかも・・・と思っています^^;

 

思えば今回体調万全の悟空の戦いはこれが最初で最後ですね。

 

体さばきもすごく決まっていてかっこいいのですがマンガ描写の問題でこれが以前の戦いより高速で行われているということに・・・まぁ脳内補完余裕ですが^^;

 

超サイヤ人レベルの激闘の割には武舞台へのダメージはかなり小さいように思えます。

 

悟空も武舞台に激突する前に舞空術で衝撃を最小に抑えているのでしょう・・・^^;

セルゲームのお荷物!?(其之三百九十六)

サタンの割る瓦、現実のものよりは硬いものとしたいと思います。

 

しかしそれでもナムやパンプットなどの達人レベルの武道家との差は埋め切れてはいません。

 

彼らなら瓦15枚を割ることなど楽にクリアできそうですし^^;

 

ちなみにこのシーン、アニメDr.スランプアラレちゃんでアラレちゃんをビビらせるために空豆タロウが缶ジュースの空き缶を拳で潰したのをピー助が「さすが兄ちゃん なんでもないことをさもすごいことのように見せる天才だ」なんて言うんですけど(原作は未読)、それを彷彿とさせられましたね。

 

サタンにツッコミを入れるZ戦士たち。

 

ここはああ、悟空以外のZ戦士がいてありがたいなぁと思ったところですね。

 

このツッコミは悟空にはできない・・・・w

 

最後に「バカの世界チャンピオンだ」とツッコミを入れるべジータ、ずいぶん地球になじんできたようです^^

フルメンバー集合!!(其之三百九十五)

f:id:sarugami33:20181008193412j:plain ミスター・サタン 35

 

昔想定していた数値よりもう少しだけ上げてみました。

 

連載初期の悟空よりは高い数値ですが戦ったらボコボコに負けるでしょう^^;

 

 

鳥山氏によってサタンの過去に桃白白と関わり合いがあったというエピソードが後に追加されました。

 

桃白白の髪型を馬鹿にしたサタンの師匠が殺され、以来サタンは強い相手と正面切って戦うことをしなくなったというもの・・・。なかなか面白いと思います。

 サタンが少年の頃の出来事かと思いましたが調べてみるとミスター・サタンと呼ばれて以降のことなので桃白白がサイボーグ化した後の出来事のようですね。

 

 

勘違いのサタンと、それ以上に読者のヘイト(当時はこんな言い方ありませんでしたね)を一身に集めるZZTVのアナウンサー。

 

この世界では盛り上げ上手の人気アナウンサーなのでしょうけど、私をはじめ「同じアナウンサーなら天下一武道会の審判の人に出てきてくれないかなぁ」と思った読者の方も多いかと思われます。

 

続々登場する戦士たち。

  

f:id:sarugami33:20181008121743j:plain べジータ 15万4000(77万) 超サイヤ人第一段階(×50) 3850万
 
                 超サイヤ人第二段階(×150) 1億1550
                     
                超サイヤ人第三段階(×250) 1億9250万

 

悟空を見てさらに先の超サイヤ人の変身を模索。結果第三段階に至ります。

 

f:id:sarugami33:20181008121914j:plain 人造人間16号 3500万
 
16号は胸にカプセルコーポレーションのステッカーを貼っての登場です。
 
人造人間のテクノロジー、ブルマたちは吸収できたのでしょうか?
 
それにしても16号に限ってはターゲットは孫悟空のみをインプットしているのでしょうか・・・?
 
クリリンにはにこやかに礼を言ったり悟飯にはアドバイスを送ったり、謎仕様ですね^^;
 
一応16号は未完成で敵の情報を孫悟空しかインプットしていなかったということにしておきましょうか・・・。

 

 

f:id:sarugami33:20181008140155j:plainf:id:sarugami33:20181008140249j:plain

 

 

孫悟空 16万(80万) 超サイヤ人第一段階(×50) 4000万
 
               超サイヤ人第二段階(×150) 1億2000万   
 
               超サイヤ人第三段階(×250) 2億
 
               超サイヤ人第四段階(×350) 2億8000万

 

トランクス 15万(75万) 超サイヤ人第一段階(×50) 3750万
 
               超サイヤ人第二段階(×150) 1億1250万
                     
               超サイヤ人第三段階(×250) 1億8750万
  
単独でしたが二度目の修業でトランクスも超サイヤ人第三段階まで到達できました。

 

性格を理解できたのかベジータを苦々しい顔で見ることもなくなりましたね。

 

ピッコロ 58万(280万) 界王拳30倍まで

 

天津飯 2万4000(12万) 界王拳10倍まで

 

クリリン 1万4000(7万) 界王拳5倍まで

 

ヤムチャ 1万(5万)  界王拳5倍まで

 

会場にぞろぞろ来なければその分の仙豆が無駄にならずに済んだ、と揶揄されることもある地球人戦士ですが、会場に来た者たちは皆、例えば悟空とセルが相打ちになった場合自分の命と引き換えにでもセルにとどめを刺してみせる、といったような覚悟を持っているんじゃないかと思うんですね・・・。

違うかもですが^^;

 

今回から地球人戦士のパワーアップイベントは完全になくなってしまいました・・・TT

 

孫悟飯 17万6000(88万) 超サイヤ人第一段階(×50) 4400万
 
                   超サイヤ人第二段階(×150) 1億3200万   
 
                   超サイヤ人第三段階(×250) 2億2000万
 
                   超サイヤ人第四段階(×350) 3億800万

 

ドラゴンボールZの腹案タイトルの一つが悟飯の大冒険であったようにZ以降はつぶさに悟飯の成長が描かれていました。

 

難敵を倒す要ではありましたが悟飯自身がその役になることはなく、今回が最初で最後の大舞台となります。

 

 

 

 

 

 

TRUNKS THE STORY ーたったひとりの戦士ー

エイジ767

南の都近くの島で17、18号の起動実験。

 

私の脳内妄想ストーリーではその後17号はカリン塔へ、18号は占いババの宮殿へ向かいます。

 

カリンと占いババを殺し、悟空たちのパワーアップ手段と回復アイテムの仙豆、そして生き返りを封じるためです。

 

ほどなくしてベジータクリリンなど地球の戦士たちが次々に殺されてしまいます。

 

そしてついにピラフ一味が若返りの願いを叶えるのと同時にピッコロまでも死亡、ドラゴンボールも永久に失われてしまいました。

 

 

しかしなぜこうも未来世界が荒廃してしまったのか、やはり悟空の損失が大きいと思われます。

 

本編の悟空もセル戦後約7年間この世にほぼ不干渉だったりもするのですが・・・^^;

 

この世界の悟空があの世からこの世を見ていたのなら劇場版「銀河ギリギリ!~」のときのように瞬間移動でやってきて人造人間に一撃、とかやってくれると思うんですよね。

 現に歴史が変わった現代では悟空が未知の修行法をみんなに伝え、消えてしまった神も復活することができました。

ブルマの「孫君が生きていればこんなことにはならなかった」という言葉が芯に来ますし、それがGT最終回での「悟空がいたから楽しかった」というみんなの気持ちを代弁したナレーションにまで昇華されていると思うんですよね。

そして完全版ではこの読み切りが最終巻の最終話あとに掲載された理由でもあるのじゃないかと思うのは考えすぎでしょうか・・・・。

柄にもなくごちゃごちゃと書きすぎてしまいましたね^^;

 

 

ということで未来トランクスの世界の悟空はあの世での修行をせず、界王神などから何らかの役職を仰せつかり宇宙中を飛び回っているか、すでに生まれ変っているとかそっちの可能性を考えています。

 

17号 3500万

 

18号 2800万

 

トランクス曰く「未来の人造人間は現代ほど強くなかった」ということですが、悟飯トランクスを相手に遊ぶために手加減していたという説を推したいと思います。

 

現代未来の人造人間の差異はシンプルに洗脳レベルの強弱のみということにしたいと思います。

 

孫悟飯 1870万

 

 

 

 

そして読み切り本編。後にはこれを基にしたTVSPが製作されました。

 

読み切りでは台詞でしか触れられていないところを映像化していて長らく参考にしていましたが、これもドラゴンボール超によって(マイの存在など)若干ひっくり返されたところがありましたね^^;

 

f:id:sarugami33:20180925152436j:plain 悟飯 8万6000(43万) 2150万

 

トランクスを鍛えつつ修行。

 

f:id:sarugami33:20180925152509j:plain トランクス(14歳) 1400万

 

トランクスはドラゴンボール超で出てくる現代トランクスとはほぼ同年齢になります。

 

しかし両者には身体的成長度合いの違いが顕著に見られます。これを未来トランクスはべジータ超サイヤ人の形質をあまり受けつがずに生まれたノーマル2世、現代トランクスは超サイヤ人の形質を多く受けついだウルトラ2世であることの証左としたいと思います。

 

ここで改めてサイヤ人の世代的な違いをまとめてみました。

 

     尻尾・・・純粋サイヤ人、ノーマル2世はある。ウルトラ2世はなし。

 

     成長・・・純粋サイヤ人、ウルトラ2世は思春期後期に一気に成長。

         ノーマル2世は思春期に長期間かけ成長。

 

     超サイヤ人の変身・・・純粋サイヤ人、ノーマル2世は苦労する。

         ウルトラ2世は自然と体得。

 

     性格・・・純粋サイヤ人は好戦的。ノーマル2世は穏やか。

          ウルトラ2世はその中間。

 

アニメSPではドラマ作りのためかトランクスは悟飯の死によって超サイヤ人に変身していましたね。

 

悟飯死亡、そして3年後。

 

f:id:sarugami33:20180925152544j:plain トランクス 1700万

 

トランクスが剣を所持しています。この剣の出自としては

 

1ブルマが通常の剣を強化、開発

 

2悟飯がピッコロから与えられた剣をさらに譲り受けた

 

3勇者タピオンからもらう

 

 

2は昔の謎本に載っていたもので私も好きな説です。サイヤ人戦後に回収していた剣を悟飯は大切に保存、悟飯の死後ブルマが柄の部分を作り直しトランクスが譲り受けたという感じでしょうか。

 

3は悟飯の死後、未来世界でもトランクスとタピオンの出会いがあった、と解釈もできそうですが、結局「トランクスは剣を手にする運命にある」ということなんじゃないかと・・・。

 

 

 

 

よく考えてみると当時の戦士なら誰でもおそらく数時間(数十分?)で界王の星に行けるはず・・・

界王ならばなにかしらの対策を講じてくれるはず・・・

 

それがなかったということはやはりサイヤ人編でピッコロたちが界王と面会できたことが特例で、今回のような地球でのいわば内輪もめの場合には界王がかかわることはないということなのでしょう。

 

界王もうっかり忙しさ?にかまけて地球の様子を覗き見ることなく数十年過ぎてしまった、ということにしたいと思います^^;

 

 

 

燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(劇場版第11作)

それにしてもこのタイミングでまさかブロリーが登場する映画('18冬公開)が作られようとは・・・。

 

この作品、「100億パワー~」並みに本編に入れ込むのが難しいですね。
 
神と同化したピッコロが第一形態セルを、あるいはベジータたちが第二形態セルを倒したのでしょうか、一時的に平和な時間が訪れ、仲間たちは花見にいそしんでいます。
 
悟空、ベジータたちは精神と時の部屋をそれぞれ1日は使ったということにします。
 

 

 

 

孫悟空 15万(75万) 超サイヤ人第二段階 1億1250万

 

ベジータ 12万(60万)超サイヤ人第二段階 9000万

 

トランクス (58万) 超サイヤ人第二段階 8700万

 

悟飯 10万4000(52万) 超サイヤ人第一段階 7800万

 

超サイヤ人になっているので精神と時の部屋で修業したことは間違いないのでしょうが、途中でセルが倒されたとの一報を知り、修業はそれほど真に迫ったものではなくなったということにしたいと思います。

 

ピッコロに守られる展開もこれが最後なんですねぇ・・・^^;

 

 パラガス 7000

 

ブロリー 5000(パワー抑制時)

 

     50万(パワー開放)  超サイヤ人第四段階強化型(×400) 2億

 

筋肉の状態から強化型だということにしましょう。

 

ブロリーの恐ろしいところは怒りの感情で際限なく上がっていくそのパワーです。

 

今はゲームなどでその変貌が見られるのでしたっけ^^;

 

 

 

ブロリーを倒すために悟空にエネルギーを送る戦士たち。

 

エネルギー譲渡は本編ではほとんど見られないため、譲渡の際大きくパワーロスしてしまう、使いどころの難しい技ということにしています。
 
 
 
なおセルは死んでおらず、このエビソードの後復活、セル編後編へとなだれ込みます。

極限バトル!!三大超サイヤ人(劇場版第10作)

前作「100億パワー~」より前の時間軸に戻ったかのように錯覚する作品ですね。

 

事実、もしかしたら地球の神もまだデンデに代替わりしていない世界かもしれないので前作とは別の歴史での出来事としておいた方が無難かもしれません。

 

具体的にはセルのタイムスリップ、再羽化の時期が若干ずれた世界ということにしたいと思います。人造人間との戦いの後(17、18号たちとは休戦?)、しばし平和な時期が訪れています。

 

映画らしく各キャラの戦闘力設定はまちまちで、

 

人造人間13~15号の戦闘力を悟空たちは超サイヤ人化すれば超える

 

合体13号の戦闘力は悟空以上ということ以外自由に決められそうです。

 

またこの頃より超サイヤ人の変身によるパワーアップ率もかなりアバウトになり、演出次第でかなり左右されるようになったような気がします。

 

 

 

 

 

孫悟空 12万8000(64万) 超サイヤ人第二段階 9600万

 

べジータ 10万(50万) 超サイヤ人第二段階 7500万

 

トランクス 8万2000(41万) 超サイヤ人第二段階  6150万

 

3人とも人造人間16~18号の強さを知り修業した結果超サイヤ人第二段階(ノーマル)に到達したということにしたいと思います。

 

 

人造人間13号 4000万

 

14号 3100万

 

15号 3400万

 

人造人間3体とも高エネルギーを生み出せるプロトタイプの永久エネルギー炉を備えているという設定です。

 

そのエネルギー炉が未完成のまま地下で眠っていたのですが、ゲロのコンピュータが執念で完成させたために悟空抹殺に動き出した、という感じでしょうか。

 

人造人間はその号数が若い程強力な傾向がありますが、13~15号に限っては始動ギリギリまで悟空たちのデータ収集をしてバージョンアップがされていたから、という理由付けを考えています。

 

合体13号 1億7400万

 

 

合体してパワーアップした13号を倒すために元気玉を作る悟空。

 

そのエネルギー量からみても戦士たちや地球人たちから「生命活動に支障ない範囲」でギリギリまで集めたのではないかと思っています。

 

 

 

13号を倒し、また平穏な日々を得た悟空たちですがある時期にセルが活動を開始し、本編に合流する、という感じでしょうか。

激突!!100億パワーの戦士たち(劇場版第9作)

前作「最強対最強」の続編に当たります。辛くも一命をとりとめたクウラが再び侵攻を開始します。
 
このエピソードが一番歴史に組み込むのが難しそうです。
 
デンデが地球の神になるタイミングと、その時点の悟空たちサイヤ人とピッコロの強さが一致していません。
 

とりあえずの脳内補完ストーリーとしましては
 
デンデ、新ナメック星には行かず地球に残り、神の修業開始。
 ↓
エイジ767にはデンデが地球の神に。前神は現役引退、以降デンデのサポート役に。
 ↓
人造人間出現、戦士たちと交戦。(人造人間17、18号は起動せず)
 ↓
ピッコロ、神と融合せず。
 ↓
デンデ、新ナメック星のSOSをキャッチ。
 ↓
新ナメック星に行く宇宙船を整備する間、悟空とベジータ精神と時の部屋を半日ずつ使用。
 

そして劇場版エピソードへ、という感じでしょうか。

 

 

孫悟空  12万(60万) 超サイヤ人第一段階ノーマル 3000万(×50)

 

ベジータ 11万2000(56万) 超サイヤ人第一段階ノーマル 2800万(×50)

 

 

二人とも強力な人造人間をさらに超えるセルという仮想の敵がおらず、さほど緊急を要してもいないので精神と時の部屋には悟飯トランクスとは入らず個別に特訓した、という感じでしょうか。

 

しかし二人とも既に第二段階ノーマルの変身が可能な段階に入っており、極限状態には現状の3倍のパワーを発揮することができます。

 

それがメタルクウラ・コアの攻略のカギとなりました。

 

ロボット兵 22万

 

装甲がものすごく硬く、それを突破できればクリリンでも倒すことが可能です。

 

その装甲の硬さを戦闘力に換算するのは難しいですね^^;

 

 

メタルクウラ 2000万→2400万→・・・

 

メタルクウラは数回修復復活すると悟空たちをも超えてしまう感じにしてみました。

 

瞬間移動はメタル化してから手に入れた能力でしょうか?

 

そして本当に恐ろしいのはそんなメタルクウラが100体以上いたこと。

 

やっとの思いで倒したメタルクウラが崖の上に何百も出現した時はなかなかの絶望シーンでした。

 

当時はバリバリのアナログ作画でしたし、アニメータ―さんにとっても恐ろしいことですよね・・・^^;

 

メタルクウラ・コア 1800万

 

エネルギー吸収のキャパは約1億くらいでしょうか。

 

予想以上のエネルギーが悟空ベジータから逆流してきたのでオーバーヒート。

 

最後は悟空の小さな元気玉みたいなもので倒されてしまいます。

 

 


劇場版エピソードの後、人造人間17、18号がなんらかの原因で起動、セル編へという感じでしょうか。