決勝戦の行方(其之四百五十三)

トランクス 6万 超サイヤ人第一段階(×50) 300万

 

         超サイヤ人第四段階(×350) 2100万

 

悟天 5万5000 超サイヤ人第一段階(×50) 275万

 

         超サイヤ人第四段階(×350) 1900万

 

トランクス、悟天は未成熟ゆえに戦闘力が安定しておらず、超サイヤ人第一段階~第四段階の間で揺らいでいる感じでしょうか。

 

それでも2人が最大に戦闘力を発揮しても実力は18号の方が上です。

 

人造人間たちは洗脳やプログラム学習などですでに豊富な疑似戦闘経験を持つという設定ですが、18号は手加減して戦うことに苦労したのではないでしょうか。

 

17号とは違って18号はその洗脳も解けかけているのではとも考えています。

 

 

そして改めて18号の服装を見てみますと上のシャツは初登場時の、下のパンツは後期とほぼ同じものの組み合わせですかね。

 

 

 ぱっと見競技に適した服装ではないのはついうっかり本気を出して対戦相手をケガさせないようにとの配慮があるからでしょうね^^;

 

 

そして決着。

 

亀仙人はマイティマスクの正体に気づいていました。

 

亀仙人はいつのまにか気を感じることをマスターしましたがこの場合は動きでもうすうす分かってたのでしょうね。