読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリリン対マジュニア(其之百七十二)

成長したクリリン

 

普段礼儀正しく振舞っているのに戦いでは言葉遣いも多少荒くなり、手練手管を使って勝ちに行くというキャラクターもはっきりしてきたような気がします。

 

前大会のヤムチャのように今度はクリリンがひそかに舞空術をマスターしていました。

 

「あいつ じぶんだけでいつのまに・・・」という天津飯

 

あまり会話のなかった二人ですが、カリン塔に一緒に登ったことで距離感が縮まっていることがなんとなく感じられます。