歴史2

エイジ737 孫悟空カカロット)生まれる

 

エイジ740 孫悟空地球に送り込まれる。惑星ベジータ消滅

 

エイジ764 悟空地球に帰りフリーザ親子を倒す

    

       クウラ襲来⇒

とびっきりの最強対最強(劇場版第8作) - ドラゴンボール脳内妄想研究所

       

       悟空伝染病で死亡

 

 

エイジ767 5月 人造人間出現

 

       ベジータたちドラゴン戦士が死亡

 

767 某日 ピラフたちが若返る 

 

       ピッコロ死亡

 

780 悟飯死亡

 

780~783 勇者タピオン復活 死亡?

 

        剣をトランクスが受け継ぐ

 

エイジ784 トランクスが過去にタイムスリップ

 

エイジ787 セルを倒す

 

ブウの復活を阻止

 

 

 

 

 

 

 

この歴史が悟空たちが本来たどる正史なのですが、トランクスの仲間はおらず孤独な世界と言えますでしょうか。

 

悟飯が一番長く生き延びるもののビーデルとも出会わず人造人間との戦いに明け暮れる日々だったわけで・・・。

 

繰り返しになりますがドラゴンボール超の未来が消滅する結末はなんとも受け入れがたく、それは別次元のトランクスということにさせていただきたいと思っています。

 

この時代の平和は永く守られていくのです。

 

トランクスがいる限り・・・・。

 

 

 

歴史1

エイジ737 孫悟空カカロット)生まれる

 

エイジ740 孫悟空地球に送り込まれる 惑星ベジータ消滅

 

エイジ761 ラディッツ来襲

 

エイジ762 超サイヤ人出現

 

エイジ764~767 クウラ来襲

 

エイジ767 5月 人造人間出現

 

       某日 ピラフたちが若返る

 

       セルゲーム開催

 

エイジ774 魔人ブウとの戦い

 

 

エイジ778 ビルスと交戦? 

 

~ 超の出来事? 

 

エイジ783 悟空、ウーブを連れて南の島へ飛び立つ 

 

 

~ GTの出来事?

 

 

 

私たちの知る悟空たちがたどった本編の歴史(本史)になります。

 

旧劇場版等のエピソードもほとんどなく、スッキリとした世界ですね。

 

例外的に大全集にクウラのエピソードだけは組み込まれていたのでこちらでも採用してみました。

 

ザンギャたちの襲来、ヒルデガーンの復活などは時期的にも挿入可能なのですが、大全集にも正史採用されていないのは何故なのでしょう・・・?

 

 

 悟空が惑星ベジータより地球に送り込まれるのはエイジ737になります。

 

そしてブウ編後10年間でドラゴンボール超で描かれた出来事と近い出来事が起き

 

GTに続くかも?という感じでしょうか・・・。

 

今のところ超の出来事は私には受け入れがたい内容のものがいくつかあり、

 

ウイスビルスの登場 △

 

フリーザの復活 △

 

全王の登場 △

 

未来トランクスの次元消滅 ✖

 

力の大会 ○

 

ブロリーの登場 ○

 

という感じでしょうか。

 

 

界王より上の次元の人物が登場するのは世界が広がるという意味では歓迎するものでしたが、ビルスや全王の能力は世界観をギャグ寄りに傾け、物語の緊張感をもなくしてしまいましたね・・・汗

 

こういう設定をドラゴンボール連載時に出していたらおそらく編集さんからボツを食らっていたことでしょう^^;

 

 

私の脳内ではこの歴史ではビルスと出会って一度戦いはしたもののすぐ長年の眠りにつき、全王は存在するものの高次元な人物ゆえに悟空と会うことはかなわなかった、ということにしたいと思います汗

 

フリーザの復活、映画版ではすぐに地獄に戻ってしまうから許容範囲なのですが、力の大会後の復活が自分的にもやもやが残ると言いますか・・・汗

 

二度目の復活後無用な殺戮はしなくなった、とかならいいんですけどねぇ汗

 

ブロリーでのパラガスを簡単に殺生したことももやもやポイントですかねぇ汗

 

未来トランクスの世界消滅、作者的にはむやみに歴史改編した報いを受けたとかでしょうか・・・。

 

個人的には20代後半?のトランクスが10代の頃より若く見えたり、ブルマがチャチな作画の爆発で命を落としたりするのが我慢ならなくて、別次元のトランクス時空の出来事にしたいと思っています汗

 

 

GTに続くか否か、それはピラフたちがドラゴンボールで元の姿に戻って世界征服の野心を取り戻すかどうかにかかっていると思います。

 

その場合トランクスとマイは悲恋のカップルということになりますが・・・汗

 

バイバイ ドラゴンワールド(其之五百十九)

最終話の表紙手前に描かれた悟空。

 

サイヤ人として若さを保っているとはいえ、 鳥山氏の当時の画風なのか首が前傾しているので年相応にも見えますね。

 

ちなみに大全集7巻の終わりの方に載っている悟空も肩が下がり気味で描かれており、多少年老いた感があります。

 

悟空 

 

鳥山氏の生み出した孫悟空というキャラクターは本当に特殊だと思います。

 

読者の思い描く孫悟空の年齢は様々で、どの年代でも関係なくキャラクターそのものが受け入れられています。

 

鳥山先生が魅力的なキャラクターを 生み出し、かっこよく活躍させることができる手腕があるからこそできる芸当ですよね。

 

ベジータ 

 

悟空と同様果たしてGTの様になっていくのか気になる所です。

 

当時は鳥山先生がGTのキャラクターデザインをしたんだし、その時描かれたカラーイラスト、そして最終回がとてもよかったし、漠然とGTにつながることを鳥山先生は許可したんだろうなぁと思っていました。

 

しかしその後、それをぶち壊すかのような読み切り、短期連載、映画の数々・・・w

 

ホント先生に直接お伺いしてみたいものです。というより詰問したいくらいですねw

 

 

世界に誇る一大コンテンツとなっても鳥山氏の中では仕事の一つという感覚なんでしょうか・・・。

 

完全版最終巻の裏表紙に自分のキャラクターを描いてしまうくらいですからね・・・^^;

 

 

クリリン 

 

18号

 

私の脳内妄想ストーリーでは長く生きる18号と添い遂げるためクリリンはかつて亀仙人が飲んだ長寿の水を飲みます。

 

その後二人の男女の情は薄れクリリンは亀仙流を継ぎ南の島に、

 

18号は二代目占いババとしてババの宮殿で暮らすようになる・・・みたいな妄想をしていた時期が私にもありましたw

 

ババと言いながら容姿は若い女性というのが面白いかなぁと・・・^^;

 

自己満足の妄想ストーリーを語るのはにしここまでておきましょう・・・汗

 

 

トランクス 

 

GTに繋げるにはこの時点からトランクスの性格を品行方正な感じにせねばならず、厳しいなぁという感じですね汗

 

一応脳内ではこの後ブルマに力を低く抑える装置を付けられ、インターナショナルカレッジかなんかで礼儀作法を徹底的に仕込まれてGTのトランクスっぽい感じになると考えていました。

 

ですが超のルートを取り入れるとすれば、若いトランクスが未来のトランクスとの交流がきっかけで徐々に品行方正な感じに舵切りしていったとしたらそれが一番自然ですかね。

 

悟天 

 

アニメでは悟空たちが抜けたあとの天下一武道会の様子が描かれたようですね。

 

ベジータが抜け、組み合わせを編成しなおした結果決勝で悟天とパンが当たることに・・・。

 

そしてパンが優勝するわけですがやはり悟天が本気を出せないところをパンが悟天をノックアウトした感じでしょうか?

 

ブウ 

ゲームなどの展開では彼女を生み出したりして子孫繁栄するようですね汗

 

ブウは長生きしそうですから、サタンたちといつかあるであろう悲しい別れを経験するよりはGTのようにウーブと合体するのもいいアイデアだなぁと思いました。

 

ウーロン

 

ブラに手を出す様子もないようなのでこの40年、彼なりの成長物語があったのかもしれませんね。

 

しかし復活のFなどでシュウが動物である自分の寿命について発言していましたが、豚の寿命は10~15年らしいので聞かなかったことにしましょう^^;

 

亀仙人 

 

サングラスがさらにファンキーになりましたね汗

 

GTに合わせてクリリンたちがカメハウスに戻ってきてくれるといいのですが。

 

そういえばマーロンが幼稚園や学校に通いやすいように一時的に西の都に移住したともとれますね。

 

 

 

 

デンデ

 

デンデはこれからも地球の神としての仕事を全うしていくのでしょう。

 

そしてはるか未来、再び地球に悪の手が迫った時超神水みたいなアイテムを支給したり、ポポやピッコロが修業をつけたり、奥の手として秘技フュージョンを伝授したりするのでしょうかね。

 

 

 

作者コメントなどでの発言の通りホントにまだ続きがあるかのように終わりましたし、GTや超などの隙間を埋める物語も作られました。

 

個人的にちょっと気になったことは、最終回以降おそらくまだしばらく人類はドラゴンボールでかなえられる願いはたった一つだと思って探索したりすると思うんですよね。

 

そして実際ドラゴンボールが7つ集まっていざ願いをかなえようとした際に願いが3つだと知った時、新たな争いの火種になりかねないと・・・汗

 

まぁそうならないようにデンデが文献の改ざんをしたり、ブルマたちが願いは3つまで叶うという噂を流したり、誤解をまねかないようにドラゴンボールに関する書籍を出版したりするのかなぁと思ったりしました。

 

 

ラストシーンは完全版では加筆され、悟空とベジータの気持ちがより明確に描かれています。

 

悟空はもしかしたらもう筋斗雲には乗れないのかも、なんて思ったりしました。

 

いや悟空のこと、精神のコントロールで筋斗雲には乗れるかもしれませんが少年の頃ほど純粋ではいられなくなってしまったのかも・・・と。

 

それで少年の頃の自分とウーブを重ねてしまったのかなぁと。

 

そしてベジータも悟空を超えることを諦めていない様子です。

 

もう一人の主人公としていつか悟空超えもあるんじゃないかと思うのですがどうでしょう^^;

 

 

アニメでは後番組ドラゴンボールGTが決定していたのでナレーションはあっさり気味でしたね。

 

そのかわりGTの最終回でたっぷりと語られました。

 

悟空がいたから楽しかった・・・

 

これがドラゴンボールファンの一番の気持ちでしょうね^^

 

 

 

 

 

 

そして10年後(其之五百十八)

f:id:sarugami33:20201227014544j:plain 孫悟空 20万(100万)

 

f:id:sarugami33:20201227014620j:plain ベジータ 20万(100万)

 

 

計算しやすくするために二人はキリのいい数字にしていますが、ともにフルパワーでも97万くらい(ベジータはさらにほんの少しだけ下回る)と考えています。

 

悟空、ベジータの戦闘力はもうすでに完成の域に達していて、サイヤ人は若い時代が長いとはいえ上積みすることが厳しい状態になっていると言えます。

 

2人がさらに武を極め、100万超えするのはGTの時代、ということにしたいと思います。

 

正直GTで解放される潜在能力の余白を取っておくためにこの時代の二人の戦闘力はもう少し低く設定していましたが、超での新たな変身、ハイレベルな修行をやっちゃってるので数値を上げざるを得ませんでした・・・汗

 

それにしても二人が喧々諤々やりながらも一緒に修行している様は、ヒカルの碁北斗杯編で碁会所で仲良く?碁を打っているヒカルとアキラを思い出させますね。

 

 

 

f:id:sarugami33:20201227231619j:plain 孫悟飯 22億

 

ブウ編での反省もあって新婚であっても現状維持くらいはしているだろうという考えでしたが、悟飯も超でさらなる高みを目指している描写があったので潜在能力解放からさらに(ほんの少しだけ)戦闘力を伸ばしたものとします。

 

悟飯視点からすれば大変ですよね。

 

一家がつつがなく暮らしていくためには働かないといけないし、研究もしなくてはならないだろうし・・・^^;

 

一般人でも忙しいときはジムに行く時間もとれなかったりしますもんねぇ・・・^^;

 

ビーデルと結婚後はサタンの金銭的な援助もあったと思うのですが必要以上にその恩恵に甘えることはないような気がしますね。

 

 

悟空たちの台詞の端々から空白の10年間のことがうかがい知れますが、超を経た今の目で見ると多少矛盾がある気もします。

 

ブルマの5年会ってない発言はまぁ許容範囲内ということにするとしまして、悟空のずっと一人で修業していたという発言は、空白の10年間の後半はウイスの指導も受けずにやってきたということでしょうかね。

 

 

f:id:sarugami33:20201227231726j:plain 孫悟天 16万

 

悟空をシティボーイにした感じ、と表現されることがありますね。

 

深く描かれることのなかった彼ですが、まっすぐそうな性格は残ってるようなので一安心ですかね^^

 

f:id:sarugami33:20201228104210j:plain パン  10500 

 

地球一周するのもさほど時間がかかってない様子からサイヤ人襲来の頃の悟空と同じくらいにしようと思いましたが、幼児なので余裕をもたせて倍の値にしてみました汗

 

 

f:id:sarugami33:20201228104307j:plain トランクス 17万 

 

平和な世の中なので普段激しい修業はやっていないという感じですかね。ただやはり一つ下の悟天には負けたくないのである一定のリードは保ってるという感じでしょうか^^

 

f:id:sarugami33:20201228104409j:plain クリリン 10万8000

 

ドラゴンボール超では力の大会などに出場、さらにはブウ編後も地球の危機が何度か訪れたこともあり、白髪が目立つようになっても訓練は続けているようです。

 

超によると亀仙人とは一緒に暮らしていないことが判明。

 

ちょっと残念な気がします・・・^^;

 

 

f:id:sarugami33:20201228001711j:plain ヤムチャ 5万2000

 

道家を引退後も、元武道家の意地で戦闘力は維持('ω')

 

ヤムチャも律儀ですよね。悟空たちが出場しない時に大会に出場すれば楽々賞金ゲットでしょうに・・・。

 あ、いやこの10年は難敵ミスター・ブウがいるんですよね汗

 

他の格闘大会に出ないことも元武道家の意地ということでしょうか。

 

f:id:sarugami33:20210105135633j:plain 18号 2800万

 

f:id:sarugami33:20210105135707j:plain ピッコロ 92万(460万) 界王拳30倍まで使用可能

 

悟飯と歳の差が3つくらいしかなかったピッコロも、天下一武道会までに20歳くらいまで急成長、その後ネイル神様と融合して肉体年齢はピークを過ぎ、今後大幅なパワーアップはないかと思われます。

 

 

f:id:sarugami33:20201228001937j:plain 天津飯 17万

 

f:id:sarugami33:20201228002124j:plain 餃子 1万8000

 

超によるとこの時点で天津堂を開いているようですね。

 

天津飯は相変わらず武の道を歩んでいますし餃子もサポート役として超能力をはじめ鍛え続けているようです。

 

f:id:sarugami33:20201228002722j:plain キラーノ 46

 

どこぞの作品の主人公かと見紛うばかりの容姿ですね。

 

ベジータが選手の中で彼に目を付けたのは潜在能力の高さを見越してのことでしょうか?

 

超非公式では彼の戦闘力の上限値を~∞としていましたね。

 

ドラゴンボールは最後まで何があるか分からないという象徴として・・・。

 

面白いと思います!^^

 

他の選手たち 20~30

 

f:id:sarugami33:20210105135807j:plain ブウ 8000万

 

 

 

f:id:sarugami33:20201228002803j:plain ウーブ 30 →怒り 8万

 

ウーブは初期の悟空の数値にしてみました。

 

完全版では悟空がブウを自分自身と重ねていましたので・・・。

 

怒った一瞬にだけブウが本来持っていたパワーの1万分の1が発現する感じでしょうか?

 

ウーブは脳内設定に準じれば9歳未満ですね汗

 

原作に合わせても普通に数えれば10歳未満のはずで、ドラゴンボール世界では歳の数え方が特殊なのか、ウーブが緊張して自分の歳を申告し間違えたという可能性もありますかね^^;

 

そこで私はもしかしたらウーブの肉体が1歳前後の頃に魂がなんらかの事情で抜け出てしまい、そのタイミングで閻魔大王がブウの魂を注入したのかも、なんてうすぼんやり考えています。

 

個人的には彼の宿った肉体が純粋地球人のものなので戦闘力値には限界があるとしています。

 

地球人は限界値は25万ないくらいとしていますがブウの気の作用しだいでまさかのパワーアップもあるかなと^^;

 

ブラは戦闘力的には普通の3歳の女の子でしょうか。

 

ブルマは高齢出産ということになりますが今の時代を反映しているなと思いました。

 

GTではパンより背が高くなっていたのでパンより1歳年上と脳内設定していましたがここは公式設定に合わせたいと思います。

 

そしてラストには次号で何かが起こる、と・・・(;゚д゚)ゴクリ…

龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる

ヒルデガーン 上半身 6億 下半身 4億

 

⇔ 合体 10億

 

進化パワーアップ 15億

 

戦闘力はやはり適当ですが、図らずもジャネンバよりは下になったことで戦闘力分布ををうまくバラけさせることができました。

 

劇場公開順で敵が強くなっていくのは不自然だと思ったものですから^^;

 

旧劇場版で一番強い敵はジャネンバだったんですねぇ(・_・D フムフム

 

エクトプラズム化による変幻自在の攻撃に皆苦戦してしまいます。

 

自分の攻撃はかわされて相手の攻撃は食らってしまうのはなかなか厄介ですね。

 

タピオン 630万

 

ミノシア 420万

 

 

最後は悟空の(劇場)オリジナル技龍拳が発動。

 

この技の使用時には気が2倍になる、ということにしたいと思います。

 

 

世界にふたたび平和が戻ります。

 

クリリン、ピッコロは残念ながら今回は出番がありませんでした。

 

しかし物語の導入部は悟飯、中盤はトランクス、締めは悟空と適材適所でキャラクターがうまく動いている感じがしますね。

 

 

 

 

 

 

本編に組み込んでも大丈夫なエピソードです。

 

未来トランクスの持つ剣が実は勇者タピオンから譲渡されたものだったということにするのがひと苦労というだけで^^;

 

ですがドラゴンボール超でトランクスとマイがくっついていたことに比べたら織り込むことは容易な気がしますね。

 

そして実際妄想してみますと

 

トランクスが剣を持つようになったのは悟飯の死後14歳から17歳の頃。そしてその時期は

 

ドラゴンボールは存在しない

 

タイムマシンはまだ完成していない

 

などのことからちょっと暗めのストーリーしか展開できませんでした。

 

トランクスの剣はタピオンの形見として譲り受けた可能性が高いかなと・・・。

 

 

孫悟空 9億

 

ベジータ 4億5000万

 

悟飯 20億

 

悟飯はやはりパワーダウンしてなかなか全力は出せない感じでしょうか。

 

 

タピオンはヒルデガーン消滅の後タイムマシンで1000年前の過去へ帰っていきましたが時間移動はできてもタピオンの生まれた星までの空間移動はできるのでしょうか・・・?

 

ま、まぁ空間移動はタピオン自身でなんとかできるはずですよね、きっと・・・

 

メデタシメデタシですかね^^;

 

この後ドラゴンボール超や帰ってきた~なんかのエピソードが入るんでしょうかね。

 

いつか年表にまとめてみたいと思います。

復活のフュージョン!!悟空とベジータ(劇場版第15作目)

サイケ鬼 16 地獄で働く鬼。悪の気を浴びてジャネンバに変化する。

 

ジャネンバ 10億→24億(パワーアップ進化)

 

数値は悟空たちに合わせての適当です汗

 

この時期になると悟空たちの相手になるような高い戦闘力を持つ敵を生み出すのが厳しいですよね。

 

説得力を持たせるのが難しいと言いますか・・・。

 

 

 孫悟空 90万

 

ベジータ 90万

 

 

ゴジータ 90億 

 

ベジータの気に合わせてフュージョン。今回は超サイヤ人2になりジャネンバと戦いましたがおそらく超サイヤ人3まで変身可能(という脳内設定)でしょう。

 

悟空とベジータ両者が死亡しているということからベジータ自爆、悟空があの世に帰還してから後ゴテンクスがなんとか魔人ブウを撃破した世界ということでしょうか。

 

悟飯も流れ的には潜在能力を引き出してもらってるはずですが世界が平和になったことでアルティメットへの変身方法を明かされずに地球へ返されたものとします。

 

この作品とドラゴンボール超 ブロリーフュージョンを失敗するという共通したエピソードがありますね。

 

時間制約がある中ストーリーのテンポを優先して失敗するのは一回とした当作品と、2回失敗して天丼ギャグをしっかり見せるブロリーとで演出の違いが見られました。

 

ゴジータとジャネンバのボス戦もこれまたとにかくスピーディ、スタイリッシュに敵を撃破。ドラゴンボール映画史上一番の短さだったんじゃないですかね^^

 

新技も見られましたが、悟空、ベジータの頭脳が一つになったことで以前から心に描いていた技を繰り出すことが可能になったということでしょうか。

 

 

 

敵の撃破方法も実際に戦い、ジャネンバの特性を見極めたうえで聖なるエネルギー(?)で作られた気弾で静かに浄化し、周囲には被害を出さないという徹底ぶりです。

 

 

 

ベジータは戦いのあと改めて魂を浄化され別の生命体に生まれ変わるのか。

 

  悟空は現世に復活することはないのか。

 

この後悟飯が潜在能力を開放するような戦いはあるのか。

 

空想妄想が広がる世界でもあると思いました。

 

 

PLAY BACK⇒

sarugami33.hatenablog.com

 

 

 

大団円 そして・・・(其之五百十七)

今回のタイトル、「大団円」の部分はセル編と被ってるんですね。

 

今度こそ終わりという思いを込められたことでしょう^^

 

タイトルと言えばバトル漫画路線を突き進んでラストは悟空の死もありどちらかというとシリアス気味で終わったセル編(さようなら戦士たち)に対し、悟空も生き返りシリアスもギャグも内包して終わったブウ編ラスト(バイバイドラゴンワールド)の方が明るい世界観にマッチしている気がします。

 

天界に集う一同。

 

悟空が生き返ったことにうれしさ半分戸惑い半分のチチたち。

 

ビーデル、ピッコロは悟飯の様相が変わったことに対する驚きでしょうか。

 

ウーロンたちは魔人ブウにビビってますね^^

 

 

鳥山氏はキャラクターを立体的に配置するのがうまい人ですから、この見開きページを参考にいつか実際にフィギュアなどをならべてみたいものですね^^

 

そして10年後。

 

天下一武道会が開催される周期を考えますと9年後、ということになるはずですが・・・。

 

 

今までは武道会側の都合で開催がずらされたんだろうとか、サタンの体力的な都合で3年→3年→4年という風に開催周期をずらされたのかもしれないと考えたのですが、ナレーションでざっくり(約)10年と言ったことにしてここは脳内変換で普通に9年後ということにしたいと思います。

 

キャラクターにはなるべく若くいてほしいですから・・・^^;

 

冒頭は大きくなったトランクス登場。

 

やはり未来トランクスとは別人ですね。

 

自分の欲求には正直で、父親であるベジータ以外は怖いものなしって感じがします^^;

 

靴はこの時代の流行なのか未来トランクスと同じものを履いていますが、未来的なジャケットやファッショナブルな着こなしから裕福な暮らしぶりが感じられます。

 

そして大人悟飯登場。

 

書籍を山積みでもっているという分かりやすい描写から学者になったっぽいなと思いました。

 

当時の読者ははやく続きが読みたいと思ったことでしょうね^^