読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

契約

其之二百七十九「不思議な孫悟空」において悟飯は仙豆を食べ、瀕死の状態から復活します。
 
食べた途端に復活するのがなんとも不思議です。これはなんというか魔法みたいな「契約」がなされているのかな、と考えました。
 
仙豆を食べる(仙豆が食道を通過する)→体が全回復する、というような特定の条件を満たすとある現象が発動するという「契約」、
 
ドラゴンボールフュージョンもその一つなのではないか・・・と。
 
ナメック星人やメタモル星人はその「契約」を作り出すのがうまい種族なのかなぁと思うのです。
 
そう考えることによって、地球とナメック星にしか存在しないはずのドラゴンボールなのに「GT」では過去に邪悪龍が出現して宇宙中を荒らしまわった事とか、フュージョンすると皆どうしてメタモル星人の民族衣装になるのか整合性がつけらるかなぁと・・・^^;

 

 

・条件→契約内容

 

ドラゴンボールを七つ集める→願いを叶えることのできる龍を召喚できる

 

仙豆を食べる→傷ついた体を回復できる

 

息をとめる(グルド)→時間を止めてその空間を移動できる

 

フュージョンポーズを二人で同時にやる→一人の超人に合体できる