ドラゴンボール-(マイナス)放たれた運命の子供②+ジャコ

カカロットを地球に飛ばした後はほぼたった一人の最終決戦寄りにストーリーが展開していくものと思われます。

 

戦友で昔チームを組んでいたこともあるトーマ他仲間のサイヤ人が惑星ベジータに多数帰還。

 

来るべき運命の日に備え訓練するバーダックたち。

 

惑星ベジータ各地で反フリーザ軍の気運が高まり反乱が起きる。

 

仲間の血染めの鉢巻きを身に着け宇宙でフリーザと対峙するバーダック

 

 

f:id:sarugami33:20160915061948j:plain バーダック 4100(11800) 

 

惑星ベジータの反乱で活躍、わずかに残っていたメディカルマシーンで傷を治し幾ばくか戦闘力を上げたという設定です。ふとしたきっかけで気の凝縮技術をマスター(約3倍)し、その戦闘力は「たったひとりの~」のバーダックに勝るとも劣らない数値に。

 

 

 

敗れるバーダック。惑星ベジータ消滅。

 

 

とこんな感じでしょうか。

 

惑星ベジータでの反乱で名を挙げたのがザーボンドドリアで、これを契機にフリーザの側近の座を射止めたものと考えています。

 

地球に送られたあとのカカロットの姿はジャコで確認できます。

 

孫悟飯老人に拾われたカカロット孫悟空と名付けられます。

 

 

孫悟飯の口調が乱暴なのがちょっと気になりましたがそれが悟空に移り、悟飯自身は子供を育てる親として丁寧な口調になっていったと解釈したいと思います。

 

ブルマのどことなく人懐っこいしゃべり方も気になりましたがそれはまあ今風の表現ということで^^;

 

悟空とブルマの年齢差も孫悟飯が悟空と出会った日を誕生日にして悟空を2歳からカウントし始めたと考えればまあ辻褄はあうかと・・・^^;