読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天津飯あせる!(其之百三十)

時折楽しげな表情を浮かべて戦っている天津飯の姿が印象的です。

 

最後まで正々堂々と戦うことができたから真の武道家の道に目覚めたのではないかと思えるんですね。

 

何も考えていないようなカラッと明るい亀仙流が人を感化する力を持つ・・・それはあたかも鳥山氏の人柄そのものが表れている、と思ってしまうのは穿ち過ぎでしょうか?