読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺し屋”桃白白”(其之八十五)

桃白白 127

 

 

桃白白が自分の投げた柱に乗って飛んでいく姿はインパクト大でした。

 


これは私は一種のパフォーマンスだととらえていまして、実際はRR軍本部から聖地カリンまで30分で往復はできなかったと考えています。

 

実は軌道修正するために途中で柱を投げなおしたりとか・・・w

 

 

後ほど鶴仙人の弟だと判明しますが、個人的には義理の弟(桃白白の姉と鶴仙人が結婚とか?)だと思ってます。